不眠症とその対策のTOPに戻る
「不眠症とその対策」トップ >  不眠症対策 > 不眠症と最適な枕は!

不眠症と最適な枕は!

なぜ寝るときに枕をしているのでしょうか。

人間の重たい頭を支える枕は、頚椎(首の7つの骨)を、立っている時と同じような自然な姿勢を保つことをしてくれます。ですから、枕の形が悪いと頚椎が不安定になり、首や肩が凝り、不眠症になってしまいます。

枕の形とのその素材を考えてみましょう。

枕の高さが一番問題が多いようです。高すぎる枕は頚椎が圧迫され、肩こりになり不眠症になりますが、それだけではありません。首が高くなると気道を塞いでしまい、いびきの原因になり、眠りが浅くなります。また低すぎる枕も頚椎を支えることが出来ませんから、同様に問題です。


形は、一般的には中心部ほどボリュームがありますが、中央部分がくぼんだドーナツ状の枕もあれば、横から見ると波のように流曲線なっている枕などありますが、どれでも大きな問題はないと思います。

しかし、枕が使っていると詰め物が左右のどちらかに偏ってしまってしまうと問題です。そういう枕だと、首が安定せず寝返りも多くなります。したがって首に負担になり熟睡もできませんね。

あと、形というより、柔らかすぎて頭が埋もれてしまう枕はよくないです。それでは、枕をしていないのと同じ状態なので、頸椎をカバーすることは出来ず眠りが浅くなります。


枕の素材には、伝統的なそば殻の枕やわた状の人工繊維もあれば ストローを細かく切ったようなパイプの形状の素材もあります。それから水鳥の羽の枕や発泡スチロールを超極小の発砲ビーズにした素材もあります。

どれも一長一短ですが、私がお勧めしたいのはメディフロー・ウォーターベースピローです。
水のクッションを持つ枕は、頭や首にあわせて内部の水が動きますから、まるで大自然の中で眠っているような寝心地です。
水の動きによって圧力を分散させて、頭をやさしく包み込みで抜群の安定感です。水の量によって高さも調節できます。そう枕に自分が合わせるのではなく、自分に枕を合わせられるのです。

不眠症に、よい枕を選んでやすらかな眠りを。
関連コンテンツ

不眠症に足ツボマッサージを!

不眠症で悩んでいる方はたくさんいますが、不眠症の原因としてストレスがあげられますね。それと冷え性も、眠りには大敵です。 ですから不眠症対策としてリラックスすることと冷え性を改善することが効果的で・・・

不眠症対策と自己催眠

不眠症とは、現代人に非常に多くなっていて、日本では成人の5人に1人は、眠りに関して問題・悩みがあると言われています。 不眠症は不眠そのものを悩むようですが、実は睡眠を充分に取っていないと、身体面・・・

不眠の対策

不眠症で悩む人は多いです。一説には4人に1人は不眠症で苦しんでいるとのことです。不眠症は自覚があって悩む人と、自覚はないけれど昼間ふと居眠りをしたり、どうも頭がさえないという人もいます。 一般に・・・

アロマテラピーやサプリメント

人間は交感神経が体が活動している時は優位に働き、副交感神経が眠ると優位に働きますが、この切り替えが上手くできないと不眠症になると言われています。 不眠症にはアロマテラピーはいかがでしょうか。 ・・・

不眠症にはサプリメントを

不眠症にはサプリメントでどうかと思いますね。 サプリメントが不眠症に効果があると宣伝で言ってしたらとしたら、それは法律違反です!サプリメントとはあくまで健康補助食品ですから効果があっても、それを・・・

ストレス対策

ストレスとは、「人間関係」「仕事」による圧力などが外部から加えられ、心身の状態がひずんでいることです。これがストレスの要因をストレッサーといい、ストレッサーが強すぎたり、長く加えられるとストレス性疾患・・・