不眠症とその対策のTOPに戻る

睡眠薬は安全か?

不眠症で悩むのならば睡眠薬で眠ろうとする方は多いですね。睡眠薬は安全で効果がある薬なのでしょうか?

睡眠薬は医者に不眠症と言われたら処方されますし、市販薬にも睡眠改善が期待される薬はあります。

ただし不眠症のための睡眠薬は市販されていませんから、市販薬は睡眠薬ではなく睡眠改善薬です。ですから市販約は睡眠薬ほどの効果はなく、また一時的にしか効かないですから、それでは不眠が1週間以上続くようなら、医者から睡眠薬をもらう必要があります。

でも医師の処方する睡眠薬は効き目は強いだろうけれど、飲んでいるとだんだん効き目がなくなってますます強い薬を処方して、ついにはボケになり廃人になってしまうのではないかと心配をするかもしれません。

あるいは、睡眠薬を飲むと癖になる、どんどん薬の量が増えていく、一度飲み始めると、一生飲まずにはいられなくなるなどの心配もする方のいるかも知れません。


これは過去の一般的な睡眠薬のイメージが、バルビツール酸系の睡眠薬が催眠作用が強いけれど、身体の中に蓄積しやすくためだんだん薬の効果が弱くなり、ついに大量に飲んで死んでしまうということが、実際にありましたからでしょう。

しかし現在の睡眠薬は、ベンゾジアピゼン系という種類の睡眠薬で、医師との相談のもと正しく睡眠薬を飲めば自然な眠気を誘発しますから安全です。

まただんだん効かなくなって量を増やすこともありませんし、たとえ大量に飲んでしまっても、めったなことでは死に至りません。


ですから、睡眠薬も現在では他の薬と同じ程度には安全です。もちろん薬ですから、ある程度の副作用はあり得ますが、常識的に使えばはるかに効果のほうが大きいわけです。

ですから、それを理解して睡眠薬を服用すれば、不眠症で苦しむことも可能なのです。もちろん、それには専門家に診てもらって不眠症改善のために睡眠薬を服用するのがよいかどうかを判断してもらうことが重要ですね。
関連コンテンツ

睡眠薬を使うには

不眠症はストレスを原因として眠れないと悩んでいる人が増えてきており、不眠症を改善しようと睡眠薬を処方されて服用される方も多いとと思います。 睡眠薬は安全か?でお知らせしたとおり、睡眠薬は危険だと・・・