不眠症とその対策のTOPに戻る

睡眠薬を使うには

不眠症はストレスを原因として眠れないと悩んでいる人が増えてきており、不眠症を改善しようと睡眠薬を処方されて服用される方も多いとと思います。

睡眠薬は安全か?でお知らせしたとおり、睡眠薬は危険だというのは過去の常識で、現在では睡眠薬はかなり安全な薬で効果も高いので、正しく服用さえすれば不眠症は改善できると期待できます。

しかし、睡眠薬を正しく服用するための注意点は認識しておきましょう。

現在の睡眠薬としてベンゾジアゼピン系の睡眠薬が用いられますが、自然な眠りに導く催眠作用のほかに、筋肉の緊張をほぐす筋弛緩作用や精神的な不安を和らげる抗不安作用があり、睡眠薬の種類によってどの効果を重点をおくかが異なります。

これらの違いによって

 筋弛緩作用:頭痛などがある場合は強く、転倒の恐れがある老人などは弱く
 抗不安作用:不安の強い場合は強く
 半減期:翌日まで眠気や倦怠感があるのなら短い、朝早く起きてしまうなら長い

など睡眠薬を症状に合わせて処方してもらいます。また薬を飲んでから、それが効果を出すのが早いか遅いかをよく言われますが、睡眠薬の場合には、その効果が長く保ってもよくないことがあります。ですから、その薬の体内の濃度が半減する時間による作用の持続時間によっていくつかのタイプがあります。

不眠症には、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害がありますが、それぞれに

・入眠障害:超短時間型や短時間型の睡眠薬
・中途覚醒:中時間型の睡眠薬
・早朝覚醒:長時間型の睡眠薬
・熟眠障害:中時間型や長時間型の睡眠薬

を処方します。

ですから、ただ睡眠薬をもらえばよいと考えずに、正しく症状や悩んでいることを話して医師に的確な睡眠薬を処方してもらうことが一番大事です。そしてその量や飲む時間なども守って使いましょう。

一番問題になるのが、人の処方してもらった睡眠薬を使うことです。昔の睡眠薬ほどには危険ではないといっても、やはり薬ですから正しい薬を使いましょう。

それとアルコールを飲むときは睡眠薬は避けましょう。アルコールと一緒に睡眠薬を飲むと作用が強くなってしまいよくないですし、健忘といって薬を飲んで寝るまでの間の記憶がなくなることがあります。

またアルコールと一緒に飲むと、夜中に目が覚めて起きると、ふらついて転倒したり、場合によっては骨折することあります。これは、睡眠薬の筋弛緩作用が働いているのです。


ですから、副作用が出たらもちろんのこと、そうでなくて治ってきたからといって安易に自己判断で睡眠薬を減らしたり止めたりはしないで必ず医師の指示に従ってください。

睡眠薬の量と使う期間を医師の指示を守って服用すれば、計画的に減らしていくことで止めることができますし、不眠の悩みも解消できるでしょう。
関連コンテンツ

睡眠薬は安全か?

不眠症で悩むのならば睡眠薬で眠ろうとする方は多いですね。睡眠薬は安全で効果がある薬なのでしょうか? 睡眠薬は医者に不眠症と言われたら処方されますし、市販薬にも睡眠改善が期待される薬はあります。 ・・・