不眠症とその対策のTOPに戻る

睡眠の役割は

睡眠は、脳と体の疲れを癒すためにあるのは誰でも納得するでしょう。

睡眠不足だと脳が疲労を回復できなくて、眠気や集中力の欠如になります。頭も痛くて体もだるくて、感情のコントロールも思うにいかなくなります。

ただし、睡眠中でも脳は活動を止めてしまったのではなく、とくにレム睡眠の時には夢を見ていますが、脳で記憶を整理していると考えられています。


さらに脳は脳内でつくられる睡眠物質が神経細胞から発生する活性酸素を分解してストレスを解消してくれます。

また成長ホルモンを分泌するのも大事な眠る時間です。成長ホルモンは眠ってからの最初の3時間程度の間に集中的に分泌されます。子どもは成長ホルモンが活発に分泌されていますが、大人にも必要なものです。

加圧トレーニングが成長ホルモンを100倍以上も分泌されるといってますが、それにより肌のハリやツヤを取り戻し、脂肪のつきにくい体にしてくれます。成長ホルモンには、アンチエイジング効果・ダイエット効果・発毛効果・伸長効果などがあるとされています。

睡眠不足になると成長ホルモンも不足して、肌の新陳代謝が衰えて結果として肌が荒れて化粧のりが悪くなるわけです。睡眠不足で目の周りにクマができるのも、実は成長ホルモンの不足が原因です。


また睡眠は、体に本来持っている免疫力を高めてくれて、病気にかかりにくくなり、かかっても軽くてすみます。ですからお医者さんも、病気には充分な睡眠をとるように言われますが、それは体の休息もありますが、免疫力を高めるのも考えています。


それと、睡眠は人間の体内時計にそって行われるのです。日が昇れば起きて、日が沈んで夜になると眠るのが自然の状態で、それを体内時計がわかっています。

この体内時計を不規則な生活で狂わせると不眠症になることが多いです。時差ぼけが起こるのも、この体内時計が狂ってしまうことで起こるのでしょう。

体内時計が正しく動いている人は、夜になるとメラトニンが分泌され午後9時頃から午前2時頃にピークに達して眠くなり、起きて太陽の光を浴びると急激に減少するそうです。ですから、起きると朝日を見て、気持ちも体も本当に起きるようにすると、一日が爽快に過ごせるのではないでしょうか。
関連コンテンツ

眠る時はいつ、どれだけ?

不眠に悩む人は、自分は5時間しか眠っていないけれど8時間は寝なくてと考えるような間違いをすることがあります。また、12時までに、今日中に寝なくてはいけないと自分を苦しめています。 しかし、人間は・・・

眠りとは

あなたに必要な睡眠時間はどれくらいですか?だいたい6時間から8時間くらいが多いと思いますが、何故これだけ眠る必要があるのでしょうか? もし、犬や猫を飼っていたら、彼らがどれだけ眠るか知っています・・・


「睡眠の役割は」のトップへ↑
「不眠症とその対策」のトップへ↑